インヘ・ホが首位をキープ、ツアー初優勝に王手!

ParOn.(パーオン) / 2014年10月11日 15時33分

初日から首位を守り、完全優勝でのツアー初勝利に王手をかけたインヘ・ホ TOSHIN GOLF TOURNAMENT IN Central(2014)(3日目) 写真・佐々木啓

TOSHIN GOLF TOURNAMENT IN Central(10月9日~12日、岐阜県・TOSHIN GC Central C、7004ヤード、パー72)

 大会3日目。初日から首位を走るインヘ・ホ(韓国)が通算23アンダーで単独首位を守った。2位には通算19アンダーのS・H・キム、張 棟圭が通算17アンダーで3位と上位を韓国勢が独占している。

 初日、2日目と首位のインヘ・ホ(韓国)が、6バーディ、ノーボギーの66をマークして、通算23アンダーで単独首位を守った。2位に4打差で迎える最終日、完全優勝でのツアー初勝利、そしてツアー最多アンダー記録(26アンダー)を更新できるかに注目が集まる。

 前週ツアー初優勝を飾ったS・H・キムが、1イーグル、10バーディ、1ボギーの61とビッグスコアをたたき出し、通算19アンダーで18位から2位に浮上した。3位には8バーディ、1ボギーの65をマークした張 棟圭の通算17アンダー。

 13アンダー3位からスタートしたディフェンディングチャンピオンの藤本佳則は、6バーディ、3ボギーの69で回り、通算16アンダーと伸ばしたが、趙 珉珪(韓国)と並んで4位タイに後退した。

 上井邦裕も、14アンダー2位から上位を目指したが、71とスコアを一つ伸ばしただけに終わり、通算15アンダーの6位タイに後退した。小田龍一、近藤共弘も通算15アンダーの6位タイに並んでいる。

 岩田寛、今田竜二が通算13アンダーの13位タイ、アマチュアの長谷川祥平さん(大阪学院大学3年)は、通算12アンダーの17位タイ。小田孔明は通算11アンダーで24位タイ、池田勇太は通算10アンダーの27位タイにつけている。

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング