米ツアーデビューの森田遥さんが初日14位、首位はジェシカ・コルダ

ParOn.(パーオン) / 2014年10月23日 17時18分

ブルーベイLPGA(10月23~26日、中国・ジャンレイク・ブルーベイGC、7000ヤード、パー72)

 アジアシリーズ第4戦は中国で新規開催のブルーベイLPGA。初日はジェシカ・コルダが6アンダーで単独首位に立った。5アンダーの2位には、地元中国のフォン シャンシャン、ミッシェル・ウィーら6人が並んでいる。アマチュアの森田遙さん(高松中央高等学校3年)、野村敏京が3アンダーの14位タイ、上原彩子は2アンダーの22位タイにつけている。

 米ツアーデビューとなったアマチュアの森田遙さんは、4番でバーディが先行し1アンダーで前半を折り返すと、後半14番、17番とバーディを奪い、ノーボギーの69でラウンドを終え、3アンダーの14位タイと好スタートを切った。

 野村敏京は4バーディ、1ボギーの69で3アンダーの14位タイ。上原彩子は3バーディ、1ボギーの70で回り、2アンダーの22位タイとまずまずのスタートとなった。

 今季2勝を挙げているジェシカ・コルダが、3連続バーディでスタートするなど前半で5バーディを奪い、後半は1バーディで終えると、ノーボギーの66をマークして、6アンダーの単独首位に立った。

 地元のフォン シャンシャンが5バーディ、ノーボギーの67で回り、5アンダーの2位。同じく2位にはミッシェル・ウィー、ブリタニー・ラング、キャロライン・マッソン(ドイツ)、リーアン・ペース(南アフリカ)、ジョディ・イワートシャドフ(英国)が並んでいる。

 4アンダーの8位タイにはクリスティ・カー、金 寅敬(韓国)、キャロライン・ヘッドウォール(スウェーデン)ら6人。

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング