【中間速報】大山志保が首位キープ、1打差の2位に吉田弓美子

ParOn.(パーオン) / 2014年10月26日 12時39分

マスターズGCレディース(10月23~26日、兵庫県・マスターズGC、6445ヤード、パー72)

 大会最終日。最終組が前半を終え、大山志保が通算15アンダーで首位をキープ。1打差の暫定2位に通算14アンダーで同じ最終組の吉田弓美子、通算13アンダーの暫定3位に前半を終えたアンソンジュ(韓国)がつけている。

 完全優勝で今季2勝目を目指す大山志保が1番をバーディでスタート、2番、3番で連続ボギーをたたいたが、6番のバーディで前半をイーブンで終えて通算15アンダー。単独首位をキープしてサンデーバックナインを迎える。

 暫定2位には同じ最終組の吉田弓美子が2バーディで前半を終え、1打差の通算14アンダーで暫定2位につけている。

 アンソンジュも2アンダーで前半を回り、通算13アンダーで暫定3位。上田桃子が通算12アンダーで前半を終えて暫定4位。

 通算11アンダーの暫定5位タイに12番を終えた香妻琴乃とナダエ(韓国)、そして10番を終えたポーラ・クリーマーの3人が並んでいる。

 ホステスプロのイボミ(韓国)は13番を終えて、通算8アンダーの暫定14位タイ。アマチュアの勝みなみさんはインスタートの6番を終えて5バーディを奪い、通算5アンダーで森田理香子と並び暫定22位タイ。

 ディフェンディングチャンピオンの横峯さくらは、14番パー3(140ヤード)でホールインワンを達成するなど、インスタートの7番を終えて通算4アンダーの暫定24位タイにつけている。

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング