小平智、4アンダーのトップタイ発進! 米下部ツアー2次予選会スタート

ParOn.(パーオン) / 2014年11月12日 11時5分

気温10度の寒さの中、4アンダーと好発進を決めた小平智

 現地時間11日、米下部ツアーの出場権を懸けたクォリファイングスクール(予選会)のセカンドステージが米国各地でスタートし、小平智が米国テキサス州・ディアーウッドGC(11月11~14日、7108ヤード、パー72)の会場に出場。初日は4アンダーをマークし、トップタイにつけて好発進を決めた。

 1番(パー5)、2番(パー4)と連続バーディで幸先のいいスタートを切った小平は、パッティングがさえまくり、さらに4番からは3連続バーディ。前半だけでスコアを5つ伸ばした。後半も11番(パー4)のバーディで、さらにスコアを伸ばすかと思われたが、12番(パー4)でボギー、そして14番(パー5)、15番(パー4)と連続でスコアを落とした。それでも、16番(パー5)のバーディで再度スコアを戻し、トータル7バーディ、3ボギーの68でラウンド。首位タイとなり、絶好のスタートダッシュとなった。

 本会場では、上位18位タイまでの選手が、12月に行われる最終予選会に駒を進めることができる。

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング