“ベテラン”、M・A・ヒメネスが首位発進!

ParOn.(パーオン) / 2014年11月14日 12時50分

ツアー最年長優勝に向け、M・A・ヒメネスが好発進! トルコ航空オープン(2014)(1日目) 写真・Getty Images

トルコ航空オープン(11月13~16日、トルコ・ザ・モンゴメリーマックスロイヤル、7132ヤード、パー72)

 イーグル発進のミゲル・アンヘル・ヒメネス(スペイン)が、前半1イーグル、4バーディ、後半3バーディの9アンダーで首位に立った。

「ここ数カ月、ちょっと苦しんでいたので、今日は9アンダーをマークして、特別に気分がいいです。スタートから、グリーン上でのボールの転がりがとてもよかった。イーグルを取った後は、これまで苦しんでいた自分に自信を取り戻しました」

 ヒメネスは今年5月、オープン・デ・エスパーニャにおいてツアー最年長優勝(50歳133日)を飾って大きな話題となった。ところが、それ以降はトップ10位入りした試合がわずかに2試合しかなく、苦しい戦いが続いた。直近の6試合においてはベストフィニッシュがKLMオープンでの52位タイである。そして、今大会初日でビッグスコアの63をマーク。

「このコースは、いくつか長いホールがあり、短いホールもあって、とてもいい組み合わせです。ラウンドするのが心地いいです。地中海にあるゴルフ場のようで、スペインのマラガと同じだと思います。同じような木々に、同じような土壌と、とても好きなコースです」

 続いて、8アンダーの64をマークして2位のイアン・ポールター。10月にコブラ/プーマからタイトリストに用品契約を変更し、初めての好スタートとなった。

「先週のHSBC-チャンピオンズ2日目に67で回ったプレーが、今年のベストラウンドだったけど、それが一番ではなく、それは上の方のプレーだったと言わないとね。今日はとてもいいゴルフだったよ」

 7アンダーの3位タイには、タイレル・ハトン(イングランド)、ウェイド・オムスビー(豪州)、そしてブレンドン・デ・ヨング(ジンバブエ)がいる。

文・秋山義和

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング