賞金ランキングによるシード権争いがいよいよ決着へ!

ParOn.(パーオン) / 2014年11月17日 18時0分

昨年は森田理香子が制し、賞金ランキングトップの座を奪い返した

大王製紙エリエールレディスオープン(11月20~23日、香川県・エリエールGC、6428ヤード、パー72)

 次週の最終戦は、その年の優勝者と賞金ランキング25位までしか出場できないことから、賞金ランキング上位50人(永久シードを除く)に与えられる来季のシード権争いに決着がつく。

 4日間大会となった昨年は、前週の伊藤園レディスで優勝した横峯さくらに賞金ランキング1位の座を奪われた森田理香子が、最終日の17番で約15メートルのイーグルパットを決めて優勝、賞金ランキングトップを奪い返し、賞金女王に王手をかけた。

 今年もアン ソンジュ、イ ボミによる賞金女王争いの行方を左右する一戦となるはずだ。

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング