【中間速報】松山英樹が前半を終えて30位、石川遼は52位

ParOn.(パーオン) / 2014年11月20日 12時0分

ダンロップフェニックストーナメント(11月20~23日、宮崎県・フェニックスCC、7027ヤード、パー71)

 大会初日。松山英樹が前半を終了し、イーブンパーの暫定30位タイ。同じ組のジョーダン・スピース(米国)も同じく暫定30位タイ。石川遼は1オーバーの暫定52位タイ。稲森佑貴が12番を終えて6アンダーの単独首位に立った。

 今季国内ツアー2試合目となるホストプロの松山英樹が前半を終了し、2バーディ、2ボギーのイーブンパーで暫定30位タイ。

 松山と同じ組で回る日本ツアー初参戦となるジョーダン・スピースも1バーディ、1ボギーのイーブンパーで暫定30位タイに並んでいる。

 国内ツアー3戦連続出場の石川遼は、インスタートの10番でボギーが先行し、1バーディ、2ボギーで1番まで終え、1オーバーの暫定52位タイと出遅れている。

 石川と同じ組の小平智は4バーディ、2ボギーの2アンダーで1番を終え、暫定6位タイにつけている。

 稲森佑貴が1番バーディでスタートすると、3番、4番の連続バーディ、さらに6番から3連続バーディで前半6アンダーと伸ばし、後半1バーディ、1ボギーで12番まで終え、6アンダーの暫定首位に立っている。

 4アンダーの暫定2位タイには、8番まで終えたプラヤド・マークセン(タイ)と7番まで終えたI・H・ホ(韓国)の二人。宮里優作と川村昌弘が3アンダーの暫定4位タイ。

 賞金王争いの小田孔明と藤田寛之は、小田が前半を終えてイーブンパーの暫定30位タイ。藤田は6ホールを終えて、2オーバーの暫定65位タイと出遅れている。

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング