【コメント集】J・スピース「英樹は勝負師の本能を持っている」

ParOn.(パーオン) / 2014年11月23日 18時36分

松山英樹との4日間のラウンドでいろんなことを学んだというジョーダン・スピース ダンロップフェニックストーナメント(2014)(最終日) 写真・佐々木啓

ダンロップフェニックストーナメント(11月20~23日、宮崎県・フェニックスCC、7027ヤード、パー71)

ジョーダン・スピース(3位タイ、4バーディ、2ボギーの69、通算14アンダー)
「とにかく残念。手堅いプレーはできたが、スコアを二つしか伸ばせなかった。パッティングがわずかにショートしたり、リップアウトしたり、今日は自分に流れがこなかった。日本のギャラリーは本当に最高。ゴルフをよく知っていて、いいプレーには大きな歓声を送ってくれる。初めての来日だったけど、最高に楽しい1週間をすごすことができた。またぜひ日本でプレーしたい。(優勝した松山)英樹は、17番と18番でバーディを取った。勝負師の本能を持っていて、勝つために何をしなければならないかを知っている。4日間一緒に回ることができて、いろんなことを学んだ」

ブレンダン・ジョーンズ(3位タイ、6バーディ、3ボギーの68、通算14アンダー)
「今日はめちゃくちゃ悔しいし、残念。まだ来週のことも考えられないくらい悔しい。18番の2打目は完璧なショットだった。計算したところに打っていったし、ボールの落ちたところも狙い通りだった。それがオーバーしてしまい、3打目のチップも寄せられず、バーディパットが難しいラインだった。とにかく悔しい」

小田孔明(11位タイ、2バーディ、3ボギーの72、通算7アンダー)
「今日は朝から体調が悪くて、最後まで響いてしまいました。18ホール回りきれただけでよしとしないとね。藤田さんとの差とか考える余裕がなかった。残り2戦頑張るよ」

藤田寛之(14位タイ、3バーディ、1ボギーの68、通算6アンダー)
「いいショットもたまに出るのですが、まだまだショットの安定感が足りません。開く動きが入ります。来週はあまり得意なコースではありませんが、残り2試合頑張ります。」

中嶋常幸(31位タイ、3バーディ、5ボギーの73、通算1アンダー)
「4連戦目だったけど、もうちょっと上でやりたかった。ポンポンと上がっても落ちてくる。できれば10アンダーぐらいで回りたかった。還暦のみなさん、頑張りましょう。応援していただくと力が入るから応援してください」

石川遼(31位タイ、3バーディ、3ボギーの71、通算1アンダー)
「内容的にはよかったです、あとはちょっとしたかみ合わせかなと思います。根気強く続けていく感じかなと思います。すごく悪いってことでもないので、毎日毎日追求しながらプレーするのですが、特に変えるというのはなく、変えたいということもないです。来週は好きなコースなので、残り2試合優勝争いできるよう頑張りたいと思います」

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング