小田孔明が9位に浮上! 岩田寛は78と崩れて53位に後退

ParOn.(パーオン) / 2014年12月12日 20時0分

首位に4打差の9位タイで決勝ラウンドへ進んだ小田孔明 タイランドゴルフ選手権(2014)(2日目)

タイランドゴルフ選手権(12月11~14日、タイ・アマタスプリングC、パー72)

 大会2日目。小田孔明が70で回り、通算イーブンパーの9位タイに浮上。初日日本人選手トップの岩田寛はスコアを崩し、通算6オーバーの53位タイに後退した。同じく日本人トップの川村昌弘は通算2オーバーの21位タイ。

 初日43位と出遅れた小田孔明はインからスタートし、我慢のゴルフで17番までパーを重ねたが、18番でボギーが先行。しかし、後半は2番、6番、8番と3バーディを奪い70でホールアウト。二つスコアを伸ばして通算イーブンパーの9位タイに浮上した。

 一方、日本人選手トップの19位タイでスタートした岩田寛。インの11番でバーディが先行したが、15番、18番のボギーで前半一つスコアを落とすと、後半も悪い流れを絶ち切れず3番、5番をボギー、7番ではトリプルボギーをたたき78、6打落として通算6オーバーの53位タイと大きく後退した。

 同じく19位タイから出た川村昌弘は2バーディ、4ボギーの74で回り、通算2オーバーの21位タイに後退。市原弘大が5バーディ、1ボギーの68で回り、4つ伸ばして通算2オーバー、川村と並んで21位タイにつけている。

 通算4アンダーの単独首位は英国出身の若手、23歳のトミー・フリートウッド。1打差3アンダーの2位タイにリー・ウエストウッド(英国)とマーカス・フレイザー(オーストラリア)が並んでいる。

 小田と同じ組で回ったバッバ・ワトソン(米国)は通算2オーバーで、セルジオ・ガルシア(スペイン)と並んで21位タイにつけている。

【2日目・日本人選手の成績】

順位/選手名/初日/2日目/スコア

9位タイ/小田孔明/74/70/通算イーブンパー
21位タイ/川村昌弘/72/74/通算2オーバー
21位タイ/市原弘大/78/68/通算2オーバー
35位タイ/片岡大育/74/73/通算3オーバー
35位タイ/塚田好宣/75/72/通算3オーバー
53位タイ/岩田寛/72/78/通算6オーバー
53位タイ/片山晋呉/75/75/通算6オーバー

    ~予選落ち~
105位タイ/谷昭範/76/81/通算13オーバー

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング