小平智と市原弘大が社会福祉活動に貢献

ParOn.(パーオン) / 2014年12月25日 17時15分

自身の名前を記載した軽自動車を寄贈した小平智

 25日、福島県社会福祉法人西郷村社会福祉協議会へのチャリティ寄贈式が、福島県西白河郡西郷村で行われ、小平智と市原弘大が出席した。

 これは、今年から新たに開催されたダンロップ・スリクソン福島オープンの初代王者に輝いた小平と、15位の好成績を残した市原が、地元の社会福祉に使っていただきたいというチャリティの申し出があって実現したもの。

 小平は社会福祉に使用される軽自動車を、市原は車いす3台をそれぞれ寄贈した。

「試合をさせていただけるのも、地域の皆様のお力とご理解があってこそ。このような活動が地域の社会福祉活動の手助けとなってくれたらうれしく思います」(小平)

 先週の火曜日まで、ウェブドットコムツアーの最終予選会に出場していた小平。残念ながら結果は103位タイに終わったが、条件つきでウェブドットコムツアーへの出場資格を獲得しており、来季は米国から日本のファンへ吉報を届ける構えだ。

 一方の市原は、今季の賞金ランキングで57位に入り、賞金シードに復帰。来季こそ悲願の初優勝を勝ち取りたいところだ。

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング