笠りつ子ら4人が首位に並ぶ大混戦、原江里菜が5位タイに浮上

ParOn.(パーオン) / 2015年3月28日 17時10分

73で回り、一つスコアを落としたものの首位をキープしたイボミ アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI(2015)(2日目) 写真・佐々木啓

アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI(3月27日~29日、宮崎県・UMKCC、6494ヤード、パー72)

 大会2日目。通算4アンダーでイボミ(韓国)、笠りつ子、茂木宏美、ウェイユンジェ(台湾)の4人が首位に並ぶ混戦となった。渡邉彩香はトリプル2回と崩れ、通算1アンダーの13位タイに後退した。

 5アンダーの首位タイからスタートしたイボミは2バーディ、3ボギーの73で回り、一つスコアを落としたものの通算4アンダーで首位をキープ。同じく首位タイのO.サタヤ(タイ)は1イーグル、1バーディ、6ボギーの75をたたき、通算2アンダーの8位タイに後退した。

 16位タイスタートのウェイユンジェが69をマークして通算4アンダー。70で回った笠りつ子、71で一つ伸ばした茂木宏美も同じく通算4アンダーでホールアウトし、首位に4人が並ぶ混戦となった。

 52位タイの原江里菜が5バーディ、1ボギーの68をマークして、通算3アンダー5位タイへジャンプアップ。藤田光里、ジョンジェウン(韓国)も首位に1打差の5位タイに並んだ。

 3位タイでスタートしたディフェンディングチャンピオンの渡邉彩香は、4バーディ、1ボギー、2トリプルボギーの75とスコアを落とし、通算1アンダーの13位タイに後退した。

 飯島茜、成田美寿々も通算1アンダーの13位タイ、森田理香子は通算2オーバーの38位タイで2日目を終えた。

 地元宮崎出身の3人、大山志保は通算1オーバーの27位タイ。柏原明日架と永峰咲希は通算3オーバーの50位タイで予選通過を果たした。実家が宮崎にある鹿児島県出身の香妻琴乃も通算3オーバーの50位タイで予選通過。

 なお、金田久美子が首痛のため、諸見里しのぶが首痛及び右肩痛のために途中棄権となった。

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング