アンナ・ノードクビストが逆転優勝! 日本勢は伸ばせず

ParOn.(パーオン) / 2015年6月1日 8時2分

逆転優勝でツアー通算5勝目を飾ったアンナ・ノードクビスト ショップライトLPGAクラシック(2015)(最終日) 写真・Getty

ショップライトLPGAクラシック(5月29日~31日、米国ニュージャージー州・ストックトンシービューホテル&GCベイC、6177ヤード、パー71)

 現地時間31日に行われた大会最終日。2位スタートのアンナ・ノードクビスト(スウェーデン)が通算8アンダーで逆転し、今季初優勝。ツアー通算5勝目を挙げた。首位から7年ぶりの復活優勝を目指したモーガン・プレッセルは通算5アンダーの3位タイに終わった。日本勢3選手はスコアを伸ばせず、宮里美香と上原彩子が33位タイ、宮里藍は42位タイで大会を終えた。

 首位に1打差の2位からスタートしたアンナ・ノードクビストは、4番でバーディが先行すると、2バーディ、1ボギーと一つ伸ばして前半を終え、後半の10番でバーディを奪い、通算8アンダーで首位タイに浮上。15番でボギーをたたいたが、続く16番、17番で連続バーディ。最終18番をボギーとしたものの、二つスコアを伸ばして69でホールアウト。2位に1打差の通算8アンダーで今季初優勝を挙げた。

 最終組の一つ前で回った3位タイのクリステル・ボーリョン(オランダ)が、前半3バーディ、後半の10番で4つ伸ばすと通算8アンダーで一時は首位に並んだが、13番でボギーをたたき、4バーディ、1ボギーの68。通算7アンダーで1打及ばずに2位に終わり、ツアー初優勝を逃した。

 単独首位でスタートしたモーガン・プレッセルは、3番でバーディが先行、6番ボギーのあと続く7番で痛恨ダブルボギーをたたき、首位の座を明け渡すと、後半も巻き返せず3バーディ、3ボギー、1ダブルボギーの73。通算5アンダーの3位タイに終わり、7年ぶりの復活優勝とはならなかった。

 11位タイから上位を目指した上原彩子は、序盤の2ボギーを5番、8番のバーディでイーブンに戻したものの、後半は2ボギーをたたいて73。二つスコアを落として通算イーブンパーの33位タイ。

 同じく11位タイから出た宮里美香は、2番でバーディが先行したが8番でダブルボギーをたたくと後半も1バーディ
、2ボギーと伸ばせずに73。上原と同じ通算イーブンパーの33位タイに終わった。

 1アンダーの21位タイに宮里藍は、4バーディ、4ボギー、1ダブルボギーの73と出入りの激しいゴルフとなり、通算1オーバーの42位タイで大会を終えた。

 また、ディフェンディングチャンピオンのステーシー・ルイスは3バーディ、2ボギーの70で回り、一つスコアを伸ばしたが、通算2オーバーの51位タイに終わった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング