ママさんプロの佐藤靖子が単独首位に浮上! 上田桃子は7位タイに後退

ParOn.(パーオン) / 2015年6月26日 18時45分

単独首位で決勝ラウンド進出を決めた佐藤靖子 アース・モンダミンカップ(2015)(2日目) 写真・鈴木祥

アース・モンダミンカップ(6月25日~28日、千葉県・カメリアヒルズCC、6541ヤード、パー72)

 大会2日目。5位タイから出た佐藤靖子が67で回り、通算9アンダーの単独首位に浮上。1打差の通算8アンダーで2位にナ ダエ(韓国)。茂木宏美、李知姫(韓国)、馬場ゆかり、青木瀬令奈の4人が通算7アンダーの4位に並んだ。

 初日2イーグルを奪い、5位タイに入った佐藤靖子が6バーディ、1ボギーの67をマークし、スコアを5つ伸ばして通算9アンダーの単独首位に浮上。プロ入り17年目のママさんプロがツアー初優勝を目指して明日からの決勝ラウンドを迎える。

 佐藤と並んで5位タイスタートのナ ダエが68で回って、首位に1打差の通算8アンダーで2位。同じく5位タイの青木瀬令奈が69と3つ伸ばし、通算7アンダーの3位タイ。李知姫(韓国)、馬場ゆかりも3位タイに浮上した。

 初日5アンダーの首位に並んだ上田桃子、成田美寿々、茂木宏美、藤本麻子の4人では、茂木が70と二つ伸ばしたものの、通算7アンダーの3位タイに後退。上田は71で回って、通算6アンダーの7位タイ。藤本と成田は伸ばせず、それぞれ12位タイ、17位タイに後退した。

 この日、4番パー3でホールインワンを達成した大江香織が69で回り、通算6アンダーの7位タイに浮上。また、土田沙弥香も同じ4番でホールインワンを決め、通算4アンダーの17位タイ。西山ゆかりは15番パー3でホールインワンを達成して、通算3アンダーの25位タイに入るなど、ツアー史上4度目となる同一日のホールインワン3回が記録された。

 ディフェンディングチャンピオンの酒井美紀は4連続バーディを含む、5バーディ、1ボギーの68で4つ伸ばし、通算4アンダーの17位タイに浮上。。2週連続優勝を狙う申ジエ(韓国)は、通算3アンダーの25位タイで決勝ラウンドへ進んだ。

 大山志保、イ ボミ(韓国)、藤田光里が通算5アンダーの12位タイ。森田理香子、堀琴音、アン ソンジュ(韓国)は36位タイ、原江里菜、鈴木愛は50位タイで予選通過を果たした。

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング