ペ ヒキョンが単独首位に浮上! 服部真夕が1打差の2位、渡邉彩香、三塚優子が3位タイ

ParOn.(パーオン) / 2015年8月22日 15時54分

今季から日本ツアーに参戦している22歳のペ ヒキョンがツアー初優勝に王手! CAT Ladies(2015)(2日目) 写真・鈴木祥

CAT Ladies(8月21日~23日、神奈川県・大箱根CC、6701ヤード、パー73)

 大会2日目。9位タイのペ ヒキョン(韓国)が66をマークして、通算11アンダーの単独首位に浮上。ツアー初優勝に王手をかけた。服部真夕が通算10アンダーの単独2位。通算9アンダーの3位タイに三塚優子と9位タイから浮上した渡邉彩香の二人が並んだ。

 ルーキーのペ ヒキョンが後半5バーディのチャージで、8バーディ、1ボギーの66、この日のベストスコアをマーク。7つスコアを伸ばして通算11アンダーの単独首位に浮上。ツアー初優勝に王手をかけた。

 首位タイでスタートした服部真夕は1番でイーグルを奪ったものの、10番のトリプルボギーが響き、1イーグル、4バーディ、1トリプルボギーの70。通算10アンダーの単独2位に後退。9位タイから出た渡邉彩香が6バーディ、1ボギーの68でスコアを5つ伸ばし、通算9アンダーの3位タイに浮上した。

 服部と同じ最終組で首位タイの三塚優子と鬼澤信子。三塚は71で回り、スコアを二つ伸ばしたものの、通算9アンダーの3位タイに後退。鬼澤信子は76をたたいて、通算4アンダーの15位タイに順位を大きく下げた。

 また、同じく首位タイで最終組の一つ前で回った鈴木愛は、3バーディ、2ボギーの72とスコアを一つ伸ばすだけにとどまり、通算8アンダーの5位に後退した。通算7アンダーの6位タイには金田久美子と李知姫(韓国)の二人が並んだ。

 ディフェンディングチャンピオンの上田桃子と2週連続優勝を狙うテレサ・ルー(台湾)はともに36位タイからスタートし、7バーディ、2ボギーの68で回って、通算6アンダーの8位タイに浮上。

 同じく通算6アンダーの8位タイには吉田弓美子、永峰咲希、江澤亜弥、イ ジミン(韓国)の4人が並んでいる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング