ペット効果!? “日本代表”のアン ソンジュが記録ずくめの勝利!

ParOn.(パーオン) / 2015年11月8日 17時43分

ツアー通算20勝を挙げ、史上最速で生涯獲得賞金7億円を突破したアン ソンジュ TOTOジャパンクラシック(2015)(最終日) 写真・村上航

TOTOジャパンクラシック(11月6日~8日、三重県・近鉄賢島CC、6506ヤード、パー72)

 3位タイからスタートしたアン ソンジュが、67をマークして通算16アンダーでフィニッシュ。李知姫とアンジェラ・スタンフォードと並んでプレーオフに突入。1ホール目でバーディを奪い今季2勝目を決めた。

 強い雨が降る悪コンディションの中、前半を3バーディで折り返すと、後半も2バーディを奪い、プレーオフに入った。

「寒くなると首が痛くなるので、正直苦しかったですが、本当に勝ててうれしいです」

 プレーオフ1ホール目では、フェアウエーからのセカンドショットをピン奥1.5メートルにつけ、長いバーディパットを決めきれなかった二人を早々に退けた。これで日本ツアー通算20勝目。生涯獲得賞金も7億円を突破。しかも史上最速のスピード達成だ。さらには、3日間ノーボギーのラウンド。ノーボギー優勝も、ホールバイホールの記録が残る1990年以降6人目の快挙となった。

「韓国でも一度ノーボギーの大会がありましたが勝てませんでした。昨日、おとといとノーボギーだったので、今日も優勝よりノーボギーで回ることを考えていました」

 安定感抜群のプレーで遅ればせながら今季2勝目。そんなアンが今週勝てた要因は、実は別のところにもあった。

「実は1カ月前から犬を飼い始めたんです。しかも2匹です。見ているだけで安心します。お母さんからは、『あなたはちゃんと世話できないでしょ』と言われていたので、これで『勝ったから許してね』と言えそうです。ただ、2匹とは言っていないんですけど(笑)」

 昨年末には入籍も済ませ、わんちゃん2匹と、またまた新しい家族が増えたことが大きかった。

 今回の優勝で来年の米ツアーメンバーの権利を獲得したが、限りなく後ろ向きに「考えていない」というアン。

「飛行機も食べ物も苦手なので……。でも来年はメジャーには出たいと思っています」

 今大会に入る前には、「日本ツアーの代表として戦う」と心に決めていたというアン。米ツアー勢を撃破して米国に乗り込もうにも、環境面、そしてかわいいペットのことを考えると、そうそう家を空けることもできないのか……。

文・高桑均

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング