ツアー2勝目を目指す菊地絵理香が、トーナメントコースレコードの63で単独首位に!

ParOn.(パーオン) / 2016年4月9日 19時33分

菊地絵理香 スタジオアリス女子オープン(2016)(2日目) 写真・鈴木祥

スタジオアリス女子オープン(4月8日~4月10日、兵庫県・花屋敷ゴルフ倶楽部 よかわコース、6293ヤード、パー72)

 7位タイでスタートした菊地絵理香が、9バーディ、ノーボギーの63という驚異的なスコアで回り、通算12アンダーの単独首位に躍り出た。開幕戦からずっとショットの調子がいいというだけに、昨年のKKTバンテリンレディス以来のツアー2勝目を狙う。ちなみに、63はトーナメントコースレコードであると同時に、菊地自身のベストスコアでもある。

 3打差の2位には申ジエがつけ、さらに1打遅れて鈴木愛が追いかける。

 また、初日に67で回ったとされた鬼頭桜だが、この日のホールアウト後に失格していたことが判明。10番パー5で3打目がチップインしたと思ったものの、実は完全にカップへ沈む前にピックアップしていたのが理由。<ゴルフ規則3-2 ホールアウトの不履行 ホールアウトしなかったホールがあり、その誤りを競技者が次のティーインググラウンドからストロークをする前に(ラウンドの最終ホールでは、そのパッティンググリーンを離れる前に)訂正しなかったときは、その競技者は競技失格となる。>


〈2日目結果〉
1位 菊地絵理香(-9、通算-12)
2位 申ジエ(-4、通算-9)
3位 鈴木愛(-6、通算-8)
4位T 姜秀衍(+1、通算-5)
4位T 堀琴音(-1、通算-5)
4位T 上田桃子(-3、通算-5)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング