松山英樹は「73」で44位に順位落とす 今季メジャー2勝のB・ケプカら首位

ParOn.(パーオン) / 2018年8月25日 8時16分

ブルックス・ケプカら2人が首位で決勝ラウンドへ ザ・ノーザントラスト(2018)(2日目) 写真・Getty Images

<ザ・ノーザントラスト 2日目◇24日◇リッジウッドCC(7385ヤード・パー71)>

米国男子ツアーのプレーオフシリーズ初戦「ザ・ノーザントラスト」2日目が行われ、今季メジャー2勝を挙げたブルックス・ケプカと、ジェイミー・ラブマーク(ともに米国)がトータル10アンダーでトップに並んだ。1打差の3位にアダム・スコット(オーストラリア)が続く。

初日5位の松山英樹は、3バーディ・3ボギー・1ダブルボギーの「73」のラウンドで、トータル2アンダー・44位タイまで順位を落とし3日目を迎えることになった。初日96位タイと出遅れた小平智は、2日目も「76」と巻き返すことができず。トータル7オーバー・112位タイで予選落ちとなった。

世界ランク1位のダスティン・ジョンソン(米国)はトータル8アンダー・4位タイ。ジョーダン・スピース(米国)は松山と並ぶトータル2アンダー・44位タイで2日目を終えた。復活優勝が待たれるタイガー・ウッズ(米国)はトータルイーブンパー・67位タイで、辛くも予選通過を果たした。

プレーオフシリーズは全4試合が行われ、今大会終了後のランキング上位100人が第2戦へ出場。第3戦は上位70人、最終戦の「ツアー選手権」は上位30人のみが出場を許される。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・小技がさえず予選落ちの小平智 「調子は悪くないのに成績が出ない…」
・パター二刀流で勝負のアダム・スコット「若い頃のアダムに戻ったようだ」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング