首位スタートの畑岡奈紗は今季2勝目ならず ブロンテ・ローが初優勝

ParOn.(パーオン) / 2019年5月27日 9時55分

ブロンテ・ローがツアー初勝利をおさめた ピュアシルク選手権(2019)(最終日) 写真・Getty Images

<ピュアシルク選手権 最終日◇26日◇キングスミル・リゾート リバーC(米国バージニア州)◇6445ヤード・パー71>

米国女子ツアー「ピュアシルク選手権」は最終日の競技が終了。首位タイからスタートした畑岡奈紗は、4バーディ・2ボギーとスコアを伸ばしたが、トータル15アンダー・2位タイと優勝に2打及ばなかった。

勝ったのは、畑岡とともに首位で最終日を迎えたブロンテ・ロー(イングランド)。この日「67」をマーク、トータル17アンダーまで伸ばし後続を振り切った。これが米女子ツアー初勝利。2位には畑岡のほかマデリーン・サグストロム(スウェーデン)、ブルック・ヘンダーソン(カナダ)が続いた。5位はシュ・ウェイリン(台湾)、。

このほかの日本勢は、野村敏京がトータル8アンダー・21位タイ。横峯さくらはトータル2アンダー・55位タイ、山口すず夏がトータル2オーバー・68位タイという結果となった。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・山口すず夏は「プロとして上位で戦いたい」 今週開催の全米女子OPへ意気込み【日本勢コメント集】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング