女子ツアーでパターの2大勢力を形成し始めた〈ストロークラボ〉と〈スパイダーX〉は何がいい?

ParOn.(パーオン) / 2019年7月16日 15時0分

〈スパイダーX〉を使う永峰咲希(左)と、〈ストロークラボ〉を使う上田桃子

「パット・イズ・マネー」と、全英オープンを4回制したボビー・ロック(南アフリカ)はいった。あまりにも有名な言葉だが、スコアをつくり賞金を稼ぐのはパターだということだ。それだけにツアーで戦うプロたちは新しいモデルのパターに敏感な反応をする。

今、女子ツアーで使用者を増やし続けているパターがある。オデッセイの〈ストロークラボ〉とテーラーメイドの〈スパイダーX〉だ。それぞれのメーカー担当者によれば、資生堂アネッサレディスオープン初日時点での使用者は、〈ストロークラボ〉がシャフトだけの使用も含めると12人。そして〈スパイダーX〉は10人とのこと。どちらも試合での使用に至っていないテスト中のプロが、3~4人はいる。

〈ストロークラボ〉の特長はカーボンとスチールの複合シャフト。通常のパターシャフトより約45グラム軽量化し、そのぶんの重量をグリップとヘッドに配分。カンターバランス効果でよりスムーズなストロークを実現している。上田桃子が使用し始めたTポイント×ENEOSゴルフトーナメントでいきなり優勝を遂げ、大きな注目を集めた。

「すごく硬いシャフトなのに、打感は柔らかい。振りやすくしっかりヒットできて、ボールが走ってくれる」と、上田。

一方の〈スパイダーX〉は成田美寿々が使用してヤマハレディースオープン葛城で優勝するや、触手を伸ばすプロが増えたという。

その特長は、ミスを許容するヒッティングエリアをトウ寄りにずらして設計していることだ。特に絶対に入れたいショートパットにおいて、ボールをつかまえたいという思いからカット軌道で振り、トウ寄りにミスヒットするプレーヤーはプロにも少なくないという。1~2メートルの距離はプロにとっては絶対に入れなければいけない距離。それだけにカップを意識するあまり、右肩が微妙に前に出てしまうのだという。そのあたり、プロ自身はどう考えているんだろう。

「しっかり打ちたいときほど、トウ寄りのヒットは意識します。ヒールに当たると転がりが弱くショートするから。ミスをしてもトウ寄りはある程度OKなんです。〈スパイダーX〉はツンといい転がりの球が出て、遅めのグリーンほど活躍してくれます」と、話すのは永峰咲希。

じわじわと使用者を増やし続けている〈ストロークラボ〉と〈スパイダーX〉。プロたちがスコンスコンとカップインさせている姿を見ると、そのパターが欲しくなるもの。それだけにこの勢力争いから、しばらくは目が離せなくなりそうだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング