J・ベガスが単独首位 小平智は146位タイで予選落ち

ParOn.(パーオン) / 2019年7月13日 9時49分

J・ベガスが単独首位で決勝へ ジョンディアクラシック(2019)(2日目) 写真・Getty Images

<ジョンディアクラシック 2日目◇13日◇TPCディアラン(イリノイ州)◇7268ヤード・パー71>

海外メジャー「全英オープン」前の最後の戦い「ジョンディアクラシック」の2日目が終了。トータル13アンダーまで伸ばしたジョナサン・ベガス(ベネズエラ)が単独首位に立った。

首位と1打差2位にはアンドリュー・ランドリー(米国)、2打差3位にはルーカス・グローバー(米国)、3打差4位タイにはダニエル・バーガー(米国)ら5人が続いた。

先週の「3M オープン」でプロ3試合目にして初優勝を果した新人マシュー・ウルフ(米国)は、トータル4アンダー51位タイ。日本勢で唯一の参戦となった小平智はトータル6オーバー146位タイで予選落ちとなった。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング