渋野日向子は11位T発進に「アンダーで回れて上出来」 単独トップは申ジエ

ParOn.(パーオン) / 2019年8月9日 16時38分

渋野日向子が上々のスタート 北海道meijiカップ(2019)(初日) 写真・佐々木啓

<北海道meijiカップ 初日◇9日◇札幌国際CC 島松コース(北海道)◇6,531ヤード・パー72>

「北海道meijiカップ」の初日が終了。海外女子メジャー「全英AIG女子オープン」制覇の快挙を成し遂げた渋野日向子は、4バーディ・2ボギーの「70」でホールアウト。2アンダー11位タイ発進となった。

「この忙しさでアンダーでまわれたのは上出来だと思います。体の状態は最悪ですけど、その中でしっかり自分のゴルフができた。最終日に残って良い成績を残せるよう頑張るので、応援よろしくお願いします」と疲れをにじませながらも、笑顔で初日の幕を閉じた。

5アンダー単独首位に立ったのは申ジエ(韓国)。1アンダー2位タイには鈴木愛、臼井麗香、テレサ・ルー(台湾)、ペ・ソンウ(韓国)、アン・ソンジュ(韓国)の5人、3アンダー7位タイには小祝さくら、稲見萌寧、竹内美雪、穴井詩の4人が続いた。

昨年覇者の福田真未と2016年覇者のイ・ボミ(韓国)はともにイーブンパー33位タイ、17年覇者の森田遙は2オーバー68位タイとなった。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・頭痛、ノド痛…体調不良も渋野日向子は3打差好発進 グリーン周りで魅せた18ホール
・こちらも全英帰り!テレサ・ルーが1打差2位 渋野日向子を「応援したくなる!」
・“賞金王”のキャディと同級生の偉業 2つの刺激で臼井麗香の勢いはさらに加速

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング