スコットランド決戦は荒天で2R順延 上原彩子は暫定51位T

ParOn.(パーオン) / 2019年8月10日 8時10分

暫定ながら単独首位に立っているM・J・ハー(写真はキアクラシック) アバディーン・スタンダード・インベストメンツ・レディース・スコティッシュオープン(2019)(2日目) 写真・Getty Images

<アバディーン・スタンダード・インベストメンツ・レディース・スコティッシュオープン 2日目◇9日◇ザ・ルネッサンスクラブ(6427ヤード・パー72)>

渋野日向子の優勝がいまだ大きな話題となっている米国女子ツアー。スコットランドに舞台を移し行われている「アバディーン・スタンダード・インベストメンツ・レディース・スコティッシュオープン」2日目。荒天の影響で9組がホールアウトできずに、競技は翌日に順延となっている。

暫定首位にはこの日「62」をマークしたM・J・ハー(韓国)。トータル14アンダーとして、決勝ラウンドに向けて弾みをつけた。2打差の暫定2位にモリヤ・ジュタヌガーン(タイ)。さらに2打差のトータル10アンダーにイ・ジョンウン6(韓国)とアン・バン・ダム(オランダ)がつけている。

日本勢で唯一出場している上原彩子は2バーディ・4ボギーの「73」でトータル1アンダー。暫定51位タイとなっている。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング