J・トーマスら首位発進 松山英樹は4打差25位

ParOn.(パーオン) / 2019年8月16日 12時6分

25位で初日を滑り出した松山英樹 BMW選手権(2019)(初日) 写真・GettyImages

<BMW選手権 初日◇15日◇メダイナCC(イリノイ州)◇7613ヤード・パー72>

米国男子ツアーのフェデックスカップ・プレーオフシリーズ第2戦「BMW選手権」の初日が終了。7アンダーをマークしたジャスティン・トーマスとジェイソン・コクラック(ともに米国)が首位タイ発進を決めている。

1打差3位タイにパトリック・キャントレー、ジム・フューリク、ブラント・スネデカー、ルーカス・グローバー、ジョエル・ダーメン(いずれも米国)。2打差8位タイにリッキー・ファウラー(米国)ら9人が続いた。

松山英樹は3バーディ・ノーボギーの「69」をマークし、3アンダー・25位タイ発進。タイガー・ウッズ(米国)は1アンダー・50位タイスタートとなった。

今大会にはフェデックスカップポイントランク上位70位までが出場しており、プレーオフ最終戦「ツアー選手権」には上位30人までが出場できる。ランキング33位の松山は逆転での切符獲得を狙う。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング