N・B・ラーセンが首位ターン 畑岡奈紗は11位タイで決勝へ

ParOn.(パーオン) / 2019年8月24日 9時39分

11位タイで決勝進出を決めた畑岡奈紗 CP女子オープン(2019)(2日目) 写真・Getty Images

<CP女子オープン 2日目◇23日◇マグナGC(カナダ)◇6675ヤード・パー72>

米国女子ツアー「CP女子オープン」は予選ラウンドが終了。デンマークの26歳ニコール・ボロッホ・ラーセンがトータル12アンダーで首位に立っている。

1打差の2位にコ・ジンヨン(韓国)。トータル9アンダーの3位タイには地元カナダのブルック・ヘンダーソンをはじめ、ウ・リュ(中国)、パジャレー・アナナルカルン(タイ)の3人がつけている。

日本勢は畑岡奈紗がトータル6アンダーの11位タイ。横峯さくらがトータル5アンダーの15位タイ、上原彩子がトータル4アンダーの25位タイで決勝ラウンドに進出。山口すず夏はトータル3オーバーの110位タイで予選落ちとなっている。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング