池田勇太が単独首位 地元小田孔明ら2位T、石川遼3打差

ParOn.(パーオン) / 2019年8月30日 12時18分

単独首位発進を決めた池田勇太 RIZAP KBCオーガスタ(2019)(初日) 写真・佐々木啓

<RIZAP KBCオーガスタ 2日目◇30日◇芥屋GC(福岡県)◇7103ヤード・パー72>

順延となっていた第1ラウンドの残りが終了。池田勇太が9バーディ・1ボギーの圧巻のゴルフで「64」をマーク。8アンダーの好スコアで単独トップに立った。

1打差の2位に地元の小田孔明、岩田寛、ハン・ジュンゴン(韓国)、ニコラス・ファン(マレーシア)の4人。さらに1打差の6位タイに小平智、今平周吾、比嘉一貴らがつけている。

3試合連続優勝を狙う石川遼は7バーディ・2ボギーの「67」で5アンダーの11位タイとして、すでに第2ラウンドに突入している。

この日の最終組のスタートは16時05分。第2ラウンドも翌日にずれ込む可能性が高くなっている。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング