「ここまでリードするのは初めて」 松山英樹、最後の1勝を決めて渾身のガッツポーズ

ParOn.(パーオン) / 2019年12月13日 18時10分

バーディパットを沈めてガッツポーズする松山英樹 プレジデンツカップ(2020)(初日) 写真・GettyImages

<プレジデンツカップ 初日◇12日◇ロイヤル・メルボルンGC(オーストラリア)◇7055ヤード・パー71>

会場中のギャラリーと、出場選手全員に見守られるなかで迎えた最終18番。松山英樹とC・T・パン(台湾)が世界選抜最後の1ポイントを奪い、仲間たちと抱き合って健闘をたたえ合った。

1998年大会以来の優勝を目指す世界選抜チーム。初日に5マッチが行われ、大会4度目の出場となる松山は、初出場のパンとの組み合わせ。松山組以外の4組はすでにホールアウトし、この時点で世界選抜が3勝1敗となっていた。

1アップのリードを保っていた松山組は、16番で米国選抜にポイントを奪い返されイーブンに。しかし、直後に松山が約8mのバーディパットを決めて再び1アップへ引き戻す。「なかなか僕のパッティングが思うようにいかなかったんですけど、CTが(近くに)つけているので、もう入るだろうと思っていた。勝つか負けるかのところでプレッシャーがかかるパットだと思ったので、先に決めてあげたら、すごく楽になるかと思った」。力強いガッツポーズを披露すると、最終ホールは両チームともパーとして分け。松山&パン組が4ポイント目を奪い、4勝1敗の大差をつけて好スタートを切った。

ホールアウト後は、出迎えたキャプテンのアーニー・エルス(南アフリカ)としっかりと抱き合う。世界選抜が米国選抜をリードして初日を終えたのは、2005年大会以来。「ここまでリードするのは初めてで、ちょっと違和感がありますけど、みんなが良いプレーをした結果だと思う」。あすに行われるフォアサムマッチは、米国チームのトップ、タイガー・ウッズとの直接対決。この一戦をおさえれば、98年以来の世界選抜優勝もぐっと近づくはずだ。

(文・谷口愛純)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・初日のリーダーボードはこちら
・マダムもチーム色に染まる!?  世界選抜を支える“勝利の女神”たち

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング