松山英樹とアン・ビョンハン組はT・ウッズ組に惜敗 世界選抜チームが3ポイント差をつけ3日目へ

ParOn.(パーオン) / 2019年12月13日 18時31分

松山英樹とアン・ビョンハンら世界選抜は3ptリードで3日目へ プレジデンツカップ(2020)(2日目) 写真・GettyImages

<プレジデンツカップ 2日目◇13日◇ロイヤル・メルボルンゴルフクラブ(オーストラリア)>

2年に一度行われる米国選抜と欧州を除く世界選抜の対抗戦「プレジデンツカップ」。2日目はフォアサム5マッチが行われ、世界選抜チーム、米国選抜チームがともに2マッチを獲得(1引き分け)。世界選抜チームはトータルポイントを6.5として、3ポイントリードで3日目に向かう。

トップバッターのアダム・スコット(オーストラリア)、ルイ・ウーストハウゼン(南アフリカ)の世界選抜組がダスティン・ジョンソン、マット・クーチャー組を3&2で撃破すると、第2マッチは惜敗。

続く3マッチ目はマーク・リーシュマン(オーストラリア)、エイブラハム・アンサー(メキシコ)組が勝利を挙げると、アン・ビョンハン(韓国)、松山英樹組はタイガー・ウッズ、ジャスティン・トーマスの最強チームを相手に、最終ホールを獲られて惜しい負けを喫した。

最終マッチも最終ホールまでもつれたがイム・ソンジェ(韓国)、キャメロン・スミス(オーストラリア)組は米国選抜組と引き分けとした。

3日目は午前がフォアボール4マッチ、午後がフォアサム4マッチ。最終日のシングルス戦12マッチに勢いをつけるためにも、リードを広げたい。なお、先に15.5ポイントに到達したチームが大会勝利を勝ち取る。

【2日目の結果】
■第1マッチ
○世界:ルイ・ウーストハウゼン&アダム・スコット 3&2 ×米国:ダスティン・ジョンソン&マット・クーチャー
■第2マッチ
×世界:アダム・ハドウィン&ホアキン・ニーマン 1UP ○米国:ザンダー・シャウフェレ&パトリック・キャントレー
■第3マッチ
○世界:マーク・リーシュマン&エイブラハム・アンサー 3&2 ×米国:ウェブ・シンプソン&パトリック・リード
■第4マッチ
×世界:アン・ビョンハン&松山英樹 1UP ○米国:タイガー・ウッズ&ジャスティン・トーマス
■第5マッチ
△世界:イム・ソンジェ&キャメロン・スミス 引き分け △米国:ゲーリー・ウッドランド&リッキー・ファウラー

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・2日目のリーダーボードはこちら
・ロープ外からタイガーはどのくらい見えるのか!? ギャラリーと一緒に全力で楽しんでみた【記者A はじめてのプレジデンツカップ #2】
・世界選抜の“新米”キャプテンが大活躍! タイガー・ウッズは3日目一時“休戦”
・16番の“バースデープレゼント” 初登場・R・ファウラーが最後の1ポイントを死守!

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング