名球会内野手「巨人・鈴木尚広は球界最高の走塁術の持ち主」

NEWSポストセブン / 2012年4月13日 7時0分

 エースやホームランバッターはいわば野球の「華」である。しかし、その陰に隠れながらも、コンクリートの裂け目にしっかりと根を下ろす雑草のように、球界を生き抜く男たちがいる。他の選手にはない己の個性“一芸”で、今季も彼らはスタンドを沸かす。

 勝負のかかった重要な場面で代走として起用される選手を“代走屋”と呼ぶ。10年以上もそれを務めるのが巨人の鈴木尚広(33)だ。4月1日のヤクルト戦では、1点リードの8回に村田修一(31)の代走で出場。すかさず二盗を決め、貴重な追加点の立役者になった。かつて西武で二塁手として活躍した野球評論家・山崎裕之氏が語る。

「代走屋は、成功率うんぬんより、ここ一番で成功できるかどうかで価値が決まる。そういう意味で鈴木は原監督の信頼を得ています。俊足といわれる選手は多いが、リードのとり方、スタートの切り方でいえば現時点で右に出るものはない」

 過去、楽天が何度もトレードを申し込んだが、巨人側は鈴木だけは出せないと断わった。

※週刊ポスト2012年4月20日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング