野島伸司氏 佐々木希似の23才年下女性とできちゃった婚

NEWSポストセブン / 2012年4月12日 0時0分

 マザコン高校生とその母親を描いたドラマ『理想の息子』(日本テレビ系)。最終回が放送された3月17日には打ち上げが行われたが、脚本を担当した野島伸司氏(49才)も上機嫌だったという。

「普段、野島さんは自分のプライベートを滅多に話さない人なんですが、この日はお酒も進んでいきなり近況を話し始めたんです。そしたら“実は結婚したんだ”なんていうからびっくり。しかも、あとでわかったんですが、できちゃった結婚で、もう1才くらいになるお子さんがいらっしゃるそうですよ」(出席者)

 酒井法子(41才)、遠山景織子(36才)、桜井幸子(38才)、深田恭子(29才)と、これまで自身が脚本を務めるドラマに出演した女優との交際がたびたび噂され、“主演女優キラー”と呼ばれながらも、未婚だった野島氏。そんな彼が入籍したのは昨年3月のことだった。お相手のA子さんは26才で、野島氏よりも23才も年下だ。A子さんの知人がこう話す。

「彼女は都内にある表具店の娘さんです。大学卒業後、彼女は家業を手伝っていたはずです。芸能人ではないけど、地元じゃ有名なキレイな子ですよ。佐々木希ちゃんをもっと小顔にして細くした、160cmくらいのスラッとしたかわいい子ですよ」

 とはいえ、彼女の父からしてみれば、婿は娘より23才年上で、しかも「でき婚」。野島氏をどう思っているのか。A子さんの父親にお祝いを伝えると、

「ノーコメント。何にも答えません」

 と、なぜかピリピリムードの返答だった。

※女性セブン2012年4月26日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング