平均年齢93才 蟹江ぎんさんの4人の娘、ぼた餅3個をペロリ

NEWSポストセブン / 2012年4月13日 16時0分

 桜前線が北上し、春らしい陽気に包まれた昼下がり。“きんさんぎんさん”で知られる蟹江ぎんさん(享年108歳)の四女・百合子さん(91才)が、風呂敷包みを抱えて蟹江家にやってきた。

「知り合いから貰った小豆があったでな。今朝は1時間ほど早起きして、久しぶりにこれぇ、こさえて(こしらえて)みた」

百合子さんが包みを開けると、顔を出したのは、餡がたっぷりまぶされた“ぼた餅(牡丹餅)”。

長女・年子さん(98才):「ひやぁ~っ、これはうまそうだにゃあ。そんなら、いただきまーす」

 小皿に取り分けたぼた餅を、てんでにパクつき始める4姉妹。その顔が、ひとりでにほころんだ。

三女・千多代さん(94才):「このぼた餅のこと、“お萩”ともいうじゃろう。どう、違うんだろうか!?」

五女・美根代さん(89才):「あのね、これはな、春は“ぼた餅”、そいで秋は“お萩”っていうだが。ほら、このあんこの具合を、春は牡丹の花に見たて、秋は萩の花に重ね合わせてそういうだがね」

千多代さん:「へぇーっ、知らんかった。おみゃーさん、物知りだでねぇ(笑い)」

 昼食をいただいて、まだ小一時間しかたたないというのに、姉妹たちは、たちまちぼた餅を3個ずつたいらげてしまった。

百合子さん:「こういううまいもんは、やっぱり、別腹だよね」

年子さん:「ほんと、別腹、べつばら……(笑い)。このごろな、朝起きると“ああ、そろそろこの世とおさらばしてもええ”って思うけど、こんなうまいもん、頂戴できるんなら、やっぱり、死にたくないと思うわねぇ(笑い)」

美根代さん:「まったくあんねぇ(年子さん)は、ゲンキンなんだから。そんなね、死にたい、死にたいっていう人ほどにゃあ、長生きするだでね、ハハハハハ」

 ぼた餅を仲立ちに、姉妹談議は、いつの間にか“長生き論”に発展した。

※女性セブン2012年4月26日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング