後頭部の毛を抜き植毛するも朝起きたら出血 まるで惨殺死体

NEWSポストセブン / 2012年4月18日 16時0分

 世の中には、様々なアンチエイジング法があるが、多くの男性が興味を持っているのが「植毛」だ。しかし、その植毛でとんでもないことになるケースもあるという。テレビなどでトンデモ実験を行う異端サイエンスライター・川口友万氏(46才)が、植毛手術を受けた際の、まさかのエピソードを披露する。

 * * *
 嫁は朝からうんざりした顔をしていた。オレが植毛手術に行くからだ。

「モテたいわけ?」

 モテたい、と答えかけて、理性が止めた。これも仕事なんだよ。

「はあ~そうなんだ」

 あ、バレてる。見透かされている。バカだと思われてる。

 アンチエイジングの本のために、後頭部の毛を引き抜き、薄くなった部分に移植する自毛植毛を受けた。オレのM字脱毛を見た医者が、これは深刻ですね、といったからだ。

 手術は無事に終了、M字脱毛がV字に変わった。が、翌朝。ぎゃ~! 血が、血が! 包帯でわからなかったが、毛を抜いた後頭部は血まみれ。寝ている間に包帯が外れ、枕が惨殺死体のように! 嫁は恐る恐るオレの後頭部を覗き込み、爆笑した。な、なに?

「お正月の! お獅子が! 口から血を吐いてる!」

 毛を抜いた部分がちょうど長方形になっていたので、口から血を吐いているように見えたらしい。あはは、で、包帯かガーゼかありませんかね?

「これ、あてれば?」

 渡されたのは女性用ナプキンだった。これ?

「テレビでやってたのよ」

 テレビでやってりゃ正義か? 日ごろの行いのツケは、こういうときに払わされるんだなあと、ナプキンを頭に貼り付けながら、思ったのだ。

※女性セブン2012年4月26日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング