ロト6 月曜抽選で最も当たりやすい数字は“18”と“21”

NEWSポストセブン / 2012年4月16日 7時0分

 1枚200円で最高賞金4億円のチャンス! といえば、数字選択式宝くじのロト6。昨年の4月から、抽せんが週1回(木曜)から週2回(月曜と木曜)になった。

 そこで、週2回抽せんになってからの1年間の当せん番号のデータを調べてみた。計103回抽せんがあり、1~43の各数字の平均的な出現回数は、月曜・木曜で各7回。最も出やすい数字と最も出にくい数字は次の通り。

◆月曜抽せん

◎最も出やすい数字=「18」と「21」(計12回)
◎最も出にくい数字=「09」と「31」(計3回)

◆木曜抽せん

◎最も出やすい数字=「10」と「15」と「42」(計12回)
◎最も出にくい数字=「01」(計2回)

 出やすい数字と出にくい数字を比べてみると、その出現回数は最大で6倍もの差がある。数字選びに迷ったとき、参考にしてみてはいかがだろうか。

※女性セブン2012年4月26日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング