1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

田中角栄と「越山会の女王」の間に生まれた女性が綴った本

NEWSポストセブン / 2012年4月20日 16時1分

【書評】『昭 田中角栄と生きた女』(佐藤あつ子/講談社/1680円)

 * * *
〈私の家には鼻の下にチョビ髭を生やしたスーツ姿の「おじちゃん」がよく遊びに来ていた。(中略)その「おじちゃん」が、ある日、「お父さん」になった〉。

「今太閤」田中角栄と、彼を陰で支え「越山会の女王」と呼ばれた女・佐藤昭。その間に生まれた娘が、母の死を機に父と母、そして自身の過去について赤裸々に綴った。父母の出会いから、自分が生まれた後に続く“家族関係”など、父母の熱い生き様がみてとれる。立花隆との対談も収録。

※週刊ポスト2012年4月27日号



【関連ニュース】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング