愛子さま 人生初めての「おひとり電車」にホームでウキウキ

NEWSポストセブン / 2012年4月20日 7時0分

 4月15日、東京・目白の学習院キャンパスで『オール学習院の集い』が開催され、皇太子ご夫妻の長女・愛子さま(10才)は、合同演奏会に出演し、チェロを演奏された。

 演奏会終了後は、お友達とキャンパス内で行われたスタンプラリーに参加するなど、イベントを楽しまれていた愛子さま。楽しかった一日も終わり、いよいよ家路に。いつものように迎えのお車に乗って帰られるのかと思いきや…、この日、愛子さまはお友達と一緒に電車に乗られた。

 これまで愛子さまは、何度か雅子さまと電車に乗られたことはあったが、それ以外での乗車は初めてのこと。JR目白駅から山手線の最後尾の車両に乗り込まれた愛子さま。

「車内は夕方ということもあって混雑していましたが、まさか愛子さまが乗車されているとは思いませんから、ほとんどの乗客は気がつかず、大きな騒ぎにはなりませんでした」(居合わせた乗客)

 新宿駅で何人かのお友達が下車したが、愛子さまは次の代々木駅まで乗車。ここで降りられたのだが、ここからはついにおひとりになられた愛子さま。もちろん護衛はいたが、その人たちの力を借りることなく、総武線への乗り換えもおひとりでされた。

「代々木駅で山手線を降りられると、まだ電車に乗っていたお友達を手を振って見送られていました。そして、総武線のホームで電車を待たれている愛子さまは、どことなくウキウキしたご様子でした。東宮御所の最寄り駅である信濃町駅で降りられたのですが、愛子さまはずっと立っていらっしゃいましたよ」(別の乗客)

※女性セブン2012年5月3日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング