夏目前 ノンアルコールビールを飲む理由は爽快感と苦味

NEWSポストセブン / 2012年4月21日 7時0分

夏を目前に、ビール業界ではノンアルコールビールの売れ行きが絶好調だという。ノンアルコールビールということは、つまるところ「ただの炭酸飲料」とも言うことができるわけだが、何故そこまで「ビールに似せる」ことにこだわるのか。それは、人間が炭酸飲料に求める“爽快感”に加え、“苦味”にカギがありそうだ。

 “苦味”については、適量ならストレス解消などのリラックス効果や、眠気防止効果があることが報告されている。気分転換したいとき、煮詰まったときに苦いコーヒーやビールを飲むのもこれによるものといえるだろう。また、子どもが苦味に敏感なのは、毒性のあるものを判別できずに口にいれても、飲み込まないようにする本能だという説もある。

というわけで、“苦い炭酸飲料”であるノンアルコールビールは、あくまでも“大人向け”の飲み物。それぞれどのようにこだわっているのか、国内大手ビールメーカー4社のノンアルコール飲料主力商品情報を比較してみた。(情報は各社HPより)

「キリン フリー 」
人工甘味料・合成香料・酸化防止剤を使用せず、麦芽100%麦汁を仕込み段階で使用することで、麦芽とホップの素材の恵みが生きた爽快なおいしさ。

「サントリー オールフリー 」
麦汁をベースに、アルコールを生成しない製法を採用。
厳選した粒選り麦芽を100%使用。さらに天然水で仕込み、ホップの中でも香り高いアロマホップを使用し、一番麦汁だけを贅沢に使った満足感ある味わい。

「サッポロ プレミアムアルコールフリー 」
麦芽100%麦汁と、ファインアロマホップ一部使用。ノンアルコールなのにしっかりうまい豊かな味わいとスッキリ爽快な後味。

「アサヒ ドライゼロ 」
麦汁の代わりに、水あめなどの糖類や植物繊維、ホップなどを使ってビールの味を再現。ろ過前の一定期間を氷点下で貯蔵することで、クリアですっきりした後味。

 他の3社が「麦芽100%麦汁」にこだわっているのに対し、アサヒビールは「麦汁を使わずに」という部分が特徴的だ。アサヒビールによると、「従来の当社ビールテイスト清涼飲料の製法では、ビールの原料である『麦汁』を発酵させずに使用するので、麦汁由来の甘味や雑味が残っていた」といい、「ドライゼロ」は独自の技術により、麦汁を使用しないことで、余分な甘味や雑味を抑えることが可能となったとのこと。

 甘味を抑えることで、より苦味を引き立たせる、雑味を抑えることでより爽快感を増すのは、“引き算”製法ともいえる。発想の転換で、よりビールに近づける――各社の勝負はまだ始まったばかりである。



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング