関東風ウナギ初めて食べた金正日氏 「Vだ!」と大喜びした

NEWSポストセブン / 2012年4月25日 7時0分

 北朝鮮で長年にわたり金正日の専属料理人を務めた藤本健二氏。その藤本氏が金正日の「食卓事情」について語った。

  * * *
 私は1989年から2001年まで将軍に専属料理人として仕えました。食通の将軍でしたが、日本の寿司をお出ししたのは私が初めてです。

 食材を集めるため、年2回は築地に行きました。マグロ1匹を丸ごと買ったことも2度ほど。ウニなんかは1枚1万以上するのを10とか20の単位で買います。

 朝鮮ではウナギはもともと食べていましたが、初めて関東風で調理したとき、将軍は「フジモト、Vだ!」と大喜びした。将軍は喜ぶとVサインを作るんです(笑い)。金ファミリー中に広まって、正恩大将がスイス留学から帰ってきた際には週3回はウナギを振る舞いました。あの方も食べるのが大好きでしたから。

※週刊ポスト2012年5月4・11日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング