フォロワー20万人のまつゆう*ちゃんのセミヌード写真を公開

NEWSポストセブン / 2012年4月25日 16時0分

写真

セミヌードに挑戦した、まつゆう*さん

 スマートフォンでプロ並みの写真を撮影することはできるのか? というわけで、写真家・宮澤正明氏がiPhoneを使って、モデル・ブロガーとして活躍し、twitterのフォロワーが約20万人というマルチクリエイター・まつゆう*さんのモノクロ写真でのセミヌード撮影を敢行。以下、宮澤氏とまつゆう*さんの共著書『iPhoneキレイ撮りカメラ入門』(小学館)より、スマホで女性の肌をキレイに撮るための撮影テクニックを紹介する。

 * * *
宮澤:肌の質感を出したかったので、モノクロにしたんだよ。アプリ「Camera+」で撮影したデータを、Edit→Effects→Black&Whiteと操作すれば、すぐに変換できる。これまでにグラビアや写真集にもたくさん携わってきたけれど、肌の露出が多いときって、ほとんどがカラー。でも、個人的にはモノクロのほうが好き。

 服を着ていたら、そこに色や形があるから、カラーで見せたほうがいいかなと思うんだけど、やっぱりこういう写真は皮膚感で勝負だから。僕はカラーよりモノクロのほうが、肌の質感の再現性は絶対いいと思ってる。

まつゆう*:せっかくだからと思って、実は私がセミヌードをやりたいって言ったんですよね。その理由が宮澤先生の家のレストルームにあった「モノクロのヌード写真」に衝撃を受けたからなんです。すごくアーティスティックで幻想的で、こんなふうに撮ってほしいと思った。だから、私もきっとカラーだったら恥ずかしかっただろうなと……。

宮澤:そうだね。モノクロにすることで、肌のツヤ感や質感がすごく出てるし、真横からの光を当てることによって一方に陰影ができて、女性らしいフォルムが美しく出ているなと思うよ。

 もちろんアーティスティックなんだけど、それだけじゃなくて、ヒューマニズムが出てると思うんだよね。すごく堂々としていたり、ナチュラルなまつゆう*ちゃんがいて。だから、いいと思うの。

まつゆう*:抵抗は全然なかったですよ。すごくかわいくというか、美しく撮れてる気がする。なんかヌードに見えなくないですか。

宮澤:モノクロってどこかリアルじゃない、時が止まったような独特な雰囲気が出るよね。カップル同士でヌードに限らず、たまにはモノクロで写真を撮り合うのもいいんじゃないかな。

まつゆう*:旅行先にネコ足のバスタブとかあったら……! 普段とは違うシチュエーションだとセミヌードにも挑戦しやすそうですね。

撮影■宮澤正明

※『iPhoneキレイ撮りカメラ入門』(小学館)より



【関連ニュース】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング