中高年 松井秀喜応援で自分自身も応援できるとコラムニスト

NEWSポストセブン / 2012年4月30日 16時0分

 ダルビッシュ有投手のメジャーでの活躍が話題になる中、ひっそりと再起を期す選手がいる。37歳でレイズとマイナー契約を結んだ松井秀喜選手だ。大人力コラムニスト・石原壮一郎氏は「松井を全力で絶賛して自分を励ませ」と説く。

 * * *
 去年、アスレチックスからFAとなり、所属先が決まらないまま2月にアメリカに渡った松井秀喜選手が、レイズとマイナー契約を結ぶことが、ほぼ決定しました。しかし、あくまでマイナー契約で最初は3Aからのスタート。チーム内の厳しい競争を勝ち抜かなければ、メジャーの舞台に上がることはできません。レイズは外野陣が充実していて、たとえ昇格しても定位置の確保は難しいとも言われています。

 ここ数年はケガに悩まされてきましたが、松井の日米での実績がいかにスゴイかは、今さら説明の必要はありません。日本球界からの熱いラブコールを断わってあくまでアメリカ大リーグにこだわり、けっして若くない37歳でマイナーからの再出発に挑む――。中年世代としては、そんな松井を全力で絶賛し、心から応援せずにはいられません。

 ま、そんな気持ちが海の向こうの松井に届くかどうかはさておき、松井を応援することで、ありがたいことに自分自身も応援することができます。「かつてはそれなりに派手に活躍したけど、今は思うように結果が出せていない」というのは、多くの中年が直面している状況ではないでしょうか。ダルビッシュのような生きのいい若手が登場して、みんなの注目はそっちにばかり集まり、自分には小さくて地味な仕事しか回ってこない……。

「もう俺の時代は終わった」と捨て鉢な気持ちにもなりがちですが、そんなときこそ松井に助けてもらいましょう。「なんでこんなことを俺が」と言いたくなる仕事やポストを振られたら、「よし、松井のようにマイナーからやり直しだ!」と自分を励ますもよし、「おっ、なんか今の俺って、松井みたいだな」と勝手に重ね合わせて悦に入るもよし。今後、松井がメジャーに昇格すれば「俺もまだまだやれる」と思えるし、仮に不本意な結果になったとしても「松井のカタキはオレが打つ!」と自分を鼓舞することができます。

 自分がリストラされたり友だちがリストラされたりしたときも、「松井だってあの年齢で再出発して、もうひと花咲かせようとしているんだから」というセリフを自分や相手に贈りましょう。年収が大きく減ったとしても、松井の年棒ほど極端ではないはずです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング