日ハム・多田野数人の登板日が「メンズデー」でファン大喜び

NEWSポストセブン / 2012年5月9日 7時0分

 緊迫したゲーム展開の中、スタンドから投げられる辛辣なヤジは「球場の華」とも呼ばれる。贔屓チームを愛するからこその“味方への叱咤”や“敵選手への口撃”を一挙蔵出し――。

 * * *
 パ・リーグでは近鉄・阪急の流れを汲むオリックスファンが過激で知られる。打撃不振のT-岡田には、

「お前のTはトイレットペーパーのTか~! 便器に流してまうぞ~」

 内野には李大浩、バルディリスと外国人が多い。ピンチを迎えて先発・フィガロの投げるマウンドに内野陣が集まった際には、

「お前ら何語で話してんねん!」

 ソフトバンク戦では見逃し三振の内川に、

「アゴを出さずにバットを出せ~」

 日本ハム・多田野が先発した4月24日には、

「多田野、お前の投げる日に『メンズデー』(男性客は料金半額)なのは、やっぱそういうことか~」

 最下位の西武に対しては、

「ナベQ、ストレスは髪によくないぞ~」

 そしてロッテ戦では内部事情に精通したヤジが。

「井口~、バックが失脚したから頼りになるのは自分だけだぞ~(※)」

【※】昨年限りで退任した球団幹部が井口を高く評価していたといわれている。

※週刊ポスト2012年5月18日号



【関連ニュース】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング