“野草食い俳優”岡本信人野草食べる理由と注意点を解説する

NEWSポストセブン / 2012年5月12日 16時0分

写真

“野草食い”俳優の岡本信人、ノビルに持参のみそをつける

『ナニコレ珍百景』(テレビ朝日系)の日本各地の草花を食べるコーナーで話題の俳優・岡本信人(64才)の趣味は、まさに“野草食い”。葉桜の季節となった東京都内を散歩するという岡本に同行し、旬の野草を教えてもらった。

 * * *
 最初、野草を食べてるなんてことはひた隠しにしてました。聞いた人の反応が嫌だからね。ほら、道端でワンちゃんが足を上げちゃうこともあるわけだし(笑い)。テレビ番組で話したときには、予想通り、みんな「ギャー」っていうわけ。でも面白がってくださる人もいて。

 ぼくが野草を食べ続ける理由は、もちろんおいしいし、それに元気になれるような気がするから。自生して花を咲かせる強い生命力、その芽吹いたときの勢いっていうのはすごいと思うんです。だからそこをパクッといただく。無病息災を願う春の七草粥と同じで、おまじないみたいなものですね。薬草になる野草もいっぱいありますからね。ハコベは歯槽膿漏、オオバコは利尿作用、ドクダミにもいろんな効能があるらしいです。

――しかし、野草は食べられるものばかりではなく、毒草もあるので注意が必要ですよね?

 例えばホトケノザは、キク科とシソ科があって、春の七草に使われるのはキク科で食べられるけど、シソ科のは毒草なので間違えて食べてはダメです。毒草はちゃんと図鑑などで確認してほしいですね。ぼくがいつもいうのは、知らない野草は決して口にしないでってこと。野草に関しては冒険しないでくださいね。

――すでに岡本さんにとって“野草食い”は趣味を超えたようなものですか?

 単に趣味というより“最後の砦”みたいなものですね。防災袋を持って逃げるとき、ぼくの場合はそこに、みそとマヨネーズがはいってるわけ(笑い)。野草はぼくにとって、いざとなったら頼って生き延びてやろうというサバイバル術ぐらいの存在になっているんです。

※女性セブン2012年5月24日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング