杉村太蔵 最近の活躍で永田町では“落選議員の星”といわれる

NEWSポストセブン / 2012年5月13日 7時0分

 26才で自民党の衆議院議員として当選直後、テレビ番組で「黒塗りのハイヤーに乗って料亭通いしたい」などと発言し、話題になった杉村太蔵前衆議院議員(32才)。2010年に落選し、現在はテレビ番組でタレントとして活躍中だが、かつての騒動についていまはどう思っているのか。本人を直撃した。

――タイゾーさんの“料亭発言”は、“迷言”として後世に残るでしょうね……。

「でもね、あの発言で注目されたおかげで、ずいぶん、いろんな人にかわいがってもらいましたよ。それにいまもこうやってテレビ番組に声をかけてもらっているのも、あの発言があったからこそかもしれません。災い転じて、ということでしょうか」

――確かに、政治家として実積ゼロなのに、これだけの活躍。

「笑っちゃうのが、私がいま永田町で何といわれているか知っていますか? “落選議員の星”ですよ。落選してこれだけ活躍するのはすごい、ということみたいで。これもありがたい話ですね」

――どこまでも前向きですね。ところで政界に再挑戦する予定は?

「まったくありませんね。ただ、人生は何が起きるかわかりませんよ。数年後、捲土重来を期す!なんていってるかもしれません」

――議員時代より、いまのほうが楽しい?

「正直いって国会議員という仕事は本当に大変でした。寝る間もなく忙しい日々でしたからね。そういう意味ではいまは家族との時間も充分にもてるし、厳しいバッシングもありませんしね」

※女性セブン2012年5月24日号



【関連ニュース】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング