「不倫する人はロマンチスト。もてあそぶ二股と違う」と識者

NEWSポストセブン / 2012年5月13日 16時0分

 モデルの冨永愛(29才)と料理研究家の園山真希絵(34才)との二股交際で世間を騒がせている俳優の塩谷瞬(29才)だが、かつて「不倫は文化」との名言(?)を残した石田純一(58才)も、「全部が甘い感じ。二股は文化ではない」と、手厳しい発言。“おまえがいうか!”と反論も飛び出しそうなところだが……。

「不倫をする人って、どちらかというとロマンチスト。本命がいるのに、気持ちでは別の相手を好きになって悩む。結婚をほのめかして女性の気持ちをもてあそぶ二股とは、違うんですよね」と語るのはマーケティングライターの牛窪恵さん。

 恋愛コラムニストのアルテイシアさんも、過去に結婚をチラつかせた相手にひっかかってしまった経験があるという。

「以前、広告代理店に勤めていたとき、社内恋愛をしていた彼氏です。父親の借金を負って大変な私に、交際わずか1か月だというのに“ボクが借金を肩代わりします”とか、“ボクが幸せにしたい。結婚しよう”っていってくれたんです」(アルテイシアさん)

 ところが、社内に何人も彼の“お手付け”がいたことが発覚。

「結婚を前提に親に会ってくれたり、自分の実家に連れて行かれると、女性は“真剣なんだ”とか“自分は選ばれたんだ”とか思ってしまうんですよ。本来、結婚って責任が伴うんだとわかっている男なら、そんな言葉をすぐに出さないんですけど。つきあって1、2か月でそういう話を出す男は怪しいと疑わないとだめですね」(アルテイシアさん)

「幸せにするよ」という言葉は、「こんな男らしいこといえるオレ」に陶酔するためのものだったのかと後から気づいたのだという。

 悪気はなくても、ナルシシストでこの世でいちばん自分が好き――そんなタイプだからこそ、自分を受け入れてくれる女性をキープしてしまうのだろう。

※女性セブン2012年5月24日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング