片山さつき 河本準一母の生活保護不正受給疑惑への見解語る

NEWSポストセブン / 2012年5月17日 0時0分

<河本準一氏の「年収5千万円、母親生活保護不正受給疑惑」について、厚労省の担当課長に調査を依頼しました>

 5月2日、自民党の参議院議員・片山さつき氏(53才)は、自身のブログにこう綴った。

<「正直者が報われる社会」にしていく上で、「生活保護は、本当に困窮している方にはしっかり届き、頑張れば働ける、あるいは本来養ってくれるべき近い親等の親族がいる場合には支給しない。」が大原則でしょう>

 フォロワー約10万人のツイッターでも同様のつぶやきをしている。その片山氏に呼応して、同じく自民党の参議院議員・世耕弘成氏(49才)もフォロワー約6万7000人のツイッターで5月10日こうつぶやいた。

<次長課長の件厚労省から事情聴取しました>
<うやむやにはさせません。生活保護法77条に扶養義務者への費用請求が規定されていますので、 これに基づき彼には過去の分も払わせねば>

 ふたりがそろって取り上げているのは、女性セブン4月26日号が『年収5000万円超人気芸人「母に生活保護」仰天の言い分』と題して報じた記事。河本の母親のプライバシーに配慮して、女性セブンは「超人気芸人」と匿名で報じたのだが、報道後、ネットには超人気芸人は次長課長の河本準一(37才)であると、実名を挙げて追及する記事が相次いであがった。

 継続取材の結果を踏まえ、女性セブンは今回この件を実名で報じることにした。その理由は、片山氏のツイッターだけで10万人のフォロワーがおり、この件は、すでに広く人々の知るところになっていること。また、生活保護のシステムの行方は、国民にとって大きな社会問題であり、早急に公の場での開かれた国民的議論が必要とされると考えたためだ。

 片山氏本人に話を聞いた。

「報道後、ご本人のテレビやラジオでの発言が私のHPやブログ、ツイッターに送られてきたのです。それらを見て、テレビに長年出ていて発言に影響力のある人が『最低限度の生活の保障』であり、『扶養が優先』の生活保護について、“役所の照会などを突き返せ”という不遜な姿勢で、それを吹聴して広めているフシまである。

 そして彼は、もう1か月たち、これだけ話題になっていながらなんの釈明もしていません。仮に報道が誤りなら、会見をしてきちんと事実を公表するべきです。

 このケースはある芸能人ひとりの問題ではなく、わが国の生活保護制度が抱える問題を如実に示していると考えました。だからこそ絶対見過ごしてはいけない。こういうケースは本来給付すべきではない、としなければ生活保護費の膨張は防げないと思ったのです」

※女性セブン2012年5月31日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング