金環日食 デジカメや携帯で直接撮るとセンサー壊れる恐れも

NEWSポストセブン / 2012年5月17日 7時0分

 5月21日朝、日本では25年ぶりに観測できる金環日食。前回は沖縄だけだったが、今回は日本列島の広い場所で観られるということで楽しみにしている人も多いはず。

 また、一生に一度のチャンスゆえに、ケータイやデジカメで撮りたくなる人は多い。ただし、写真撮影をする際には、太陽撮影専用フィルターが必要となる。天体ショーに詳しく、日本、中国、オーストラリアなど世界各地で金環日食を観測してきた写真家の沼澤茂美さんは、こう説明する。

「デジタルカメラや携帯のカメラなどは、常に明るさを測って適正な露出になるように設定されていますが、太陽の明るさは想定外。ですから、太陽にカメラを直接向けると、露出を計測する内部センサーが壊れる危険性があります」(沼澤さん)

 その専用フィルターの価格は1万円程度。カメラ店などで手にはいるのだが、こちらは品薄で入手は困難だ。

「4万個の在庫が、ゴールデンウイーク中になくなってしまいました。あとは、市場に出回っている商品だけになります」(フィルターメーカー大手のマルミ光機)

 ケータイやスマートフォン(スマホ)、デジカメなどで簡単に撮影する方法はないのだろうか。前出の沼澤さんはこうアドバイスする。

「日食グラスをカメラのレンズにかぶせれば、撮影は可能。ただ、それだけでは、よい写真が撮れません。スマホやデジカメで金環日食を撮るときは、ピントと明るさの調整に、ちょっとした工夫が必要です。どんな機種でも、いちばん簡単なのは日食グラスをかぶせたうえで動画で撮ることですね」

 祈るは、当日の天候のみ。日本気象協会が連日更新している5月21日午前中の天気予報によると、あまりよい天気ではないといわれている。

※女性セブン2012年5月31日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング