「会社辞める」が口グセの男 知り合いの脱サラ失敗話を好む

NEWSポストセブン / 2012年5月17日 16時2分

 失業率がどんどん高くなっている現状でも、「会社を辞めたい」と愚痴をこぼす人はなかなか減らない…。東京都に住む女性・Yさん(48才)の夫(45才)は、公務員だというのに、事あるごとに「会社を辞めたい」とこぼすのだという。そんな夫に呆れるYさんが、不満をぶちまける。

 * * *
 3か月に1度、季節が変わるたびに「会社辞める」騒ぎは、結婚してからずーっと続いている、わが家の恒例行事です。公務員ってふつう職場を「会社」とはいわないんだけど、夫はかたくなにそう呼んでいる。ま、これもポーズなんですよ。

 といっても私がナマ返事していると「オレにはオレの考えがある」とかいって、意固地になるからやっかいなんですよ。

 これまで“休職”2回してるし。いずれも病院に通って“病休”の形をとっています。それで部屋にこもって一日中、テレビを見たり、ブラブラ散歩したりしていられる、その神経が私にはわからない。

 イヤらしいなと思うのは「会社辞める」騒ぎが軽いときは、わざわざ転職して苦労してる元同僚に会いに行っているんですよ。早期退職してラーメン店を始めた先輩のところなんか、しょっちゅう。

「ラーメンは不景気に強いとかいうけどなぁ。ランチなのに店、半分も埋まってなかったぞ。ヤッコさんも急にフケこんだみたいだし」

 うっれしそうに、“脱サラ”失敗の話を発泡酒飲みながら、延々と。で、最後は「う~ん。転職も考えちゃうよな~」といって私の顔を覗き込むんです。

「パパ、お願い。バカなことはしないでね。パパだけが頼りなんだから」

 これが妻の私の正しい対応と、わかっています。だから口が曲がりそうになりながら、茶番をしてみせます。

※女性セブン2012年5月31日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング