ワイン界の異端児 ナチュラルローソンのワインを「出色です」

NEWSポストセブン / 2012年5月22日 7時0分

 東京スカイツリーと同じ22日に開業するすぐ隣にそびえる31階建ての東京ソラマチ。30階の1コーナーを占める絶景レストラン。東京ディズニーランドの花火が望め、晴れた日にはスカイツリー越しに富士山の夕日が楽しめ、眼下には隅田川が流れる。

「ソラマチでもいちばんでしょう。日本一の絶景ですよ。スカイツリーもこれだけ近い」

 東京スカイツリータウンに出店するフランス料理店『ブラッスリーオザミ』を展開する『オザミワールド』代表取締役・丸山宏人さん(48才)は笑う。

「日本のフレンチ界の重鎮」と書くメディアもある丸山さんだが、東京で(ということは日本で)ワインを扱う飲食店でその名を知らない人はおそらくいないだろう。「ソムリエの資格を持たないソムリエ」「ワイン界の異端児」「風雲児」など、とにかくすべてが破格だ。

 10店あるレストランで売るワインは1日300本。1年に11万本以上を空にしている計算になる。ちなみに、都内のミシュラン星付きレストランでも1日十数本程度。さらに日本人のワインの年間消費量は3.2本ということからも、1日300本という数字がいかに驚異的かわかる。

 2002年、東京駅前の丸ビル35階に出店。2008年、池袋サンシャイン60の59階に出店。15年の歳月が経ち正社員は150名に。アルバイトも含めると250名になる。日常遣いのワインは、もっぱら1000円ワインという丸山さん。安いワインを楽しむコツを教えてくれた。

「買ってすぐ飲まない。特に自然派のワインは長い旅をしてきたのと同じ。人と同じで疲れているので、1日以上必ず休ませてから開けてください。初夏をワインで楽しむのはどうでしょう。私はコンビニで売っている冷えたワインをその場で開けて楽しんでます。ナチュラルローソン(関東のみ出店)のワインは出色ですよ」

※女性セブン2012年5月31日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング