女性による壮絶DV 男性が土下座させられ踏みつけられる例も

NEWSポストセブン / 2012年5月19日 7時0分

 早乙女太一(20才)による恋人、西山茉希(26才)への暴力が明らかになったが、芸能界ではほかにも泥沼裁判中に妻・美元へのDV現場の音声が流出した高嶋政伸など、DVの事例は多い。巷でもDV男が増えているが、一方で、男性が被害者となる女性によるDVもあるという。その実態について、恋人・夫婦仲相談所所長の二松まゆみさんに聞いた。

 * * *
 私のところにも女性によるDVで相談にくる男性はかなり増えています。女性によるDVの特徴としては、相手が弱っているときに強気になって暴力的になっていく点があげられます。例えば、生活費を使ってしまったなど、明らかに男性が悪いという状況で、その男性が謝っているにも関わらず、さらに土下座をさせて踏みつけるなどのケースです。なかには、男性の腕を折ってしまうなどの事例もあります。

 精神的なDVもあります。食事の準備や洗濯など、夫に関する家事を一切しないとか、じわじわと責めるケースも多い。ほかにも、夫の給料を全部自分のところに入れてしまって、夫にはお金を渡さない、とか。

 また、女性の場合は男性に力でかなわないのに対し、相手を言葉で責めるのは得意なので、精神的に痛めつけるようなことをいう場合が多いですね。同じ小言を毎日何度もぐちぐちといい続けたため、男性が精神的に参ってしまったという相談もありました

 男性によるDVとの違いは、男性の場合、暴力をふるった後に謝ったり泣いたりするなどの特徴がありますが、女性の場合は感情的になって泣くことはありますが、謝ることはあまりないことです。たとえ泣いたとしても、徹底的に相手をこらしめる“モンスターワイフ”が多いですね。

 ただ、女性によるDVの場合、男性が生活費を勝手に使ってしまった、浮気をした、無断外泊が続くとか、明らかに男性が悪いパターンが多いように思います。

 とはいえ、DVが起きるのは、夫婦間のコミュニケーションが取れていないというのがいちばんの原因です。世間から見て“素敵な奥さん”といわれている妻が突然、豹変して暴れるようになったという報告もありますが、それは夫が気づかなかったほど、ストレスを抱え込んでいたからだと思います。男性は日ごろから妻や彼女に不満や不安がないか注意することを忘れず、精神的に何かため込んでいるようだったら解消してあげること。夫婦や恋人同士で、なにごとも話し合うことが大切ではないでしょうか。



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング