飼犬が他人の家の門柱におしっこをかけるのを止めさせる方法

NEWSポストセブン / 2012年5月27日 16時1分

 西川文二氏は、1957年生まれ。主宰するCan! Do! Pet Dog Schoolで科学的な理論に基づく犬のしつけを指導している。その西川氏が、「マーキングの悩み」について解説する。

 * * *
「犬はよそ様の家の門柱などにオシッコをかけたがりますが、やめさせる方法はあるのですか?」

 お答えしましょう! コレ、未去勢の雄がやりたがる。なんといいますか、ここらあたりはオイラにいろいろと権利があって、メスがいれば一応所有権を主張するし、獲物もこれまたオイラのものだかんね、って張り紙をしてまわっているようなもの。

 もちろん実際は張り紙ではなく、オシッコをかけることでそれを行なう。マーキングっていって、片足をあげて、高い位置にオシッコの匂いをつけようとするのが特徴。高いところに匂いがつけられれば、オイラでかいでしょ、強いかもよ、ってことが伝えられる。

 おっと、問題はどうするかでしたね、そのマーキングを門柱でさせないようにするには。 そうですな、まずは去勢をすること。去勢後はマーキングが確実に減る、っていうデータがある。次に、他人の家の門柱などからは離れて歩く。さらに、とにかくマーキングさせたくない場所では、匂いかぎにつきあわない。

 マーキングは他の犬の張り紙を見つけては、その上に自分の張り紙を張りつけていくようなもの。他の犬の張り紙は、匂いを手がかりに見つける。だから、匂いかぎにつきあわなければ、マーキングにはいたらない。匂いをかぎたがって引っ張っても、つきあわずに行ってしまう、ってことですよ。

 ただ、犬は匂いかぎが全くできないと、それはそれでストレスになる。排泄をさせて良いところを選んで、そこで匂いかぎは存分にさせる。一方でコレも行なう。以上が今回のお答え。さて、ご納得のほどは?

※週刊ポスト2012年6月1日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング