吉田豪vs坂上忍 カジノ行きたくなったら休んでいいから気楽

NEWSポストセブン / 2012年5月28日 7時0分

写真

【吉田豪vs坂上忍】

『メルマガNEWSポストセブン』では、ビートたけし、櫻井よしこ、森永卓郎、勝谷誠彦、吉田豪、山田美保子といった様々なジャンルで活躍する論客が、毎号書き下ろしで時事批評を展開しているが、5月25日に配信された最新号16号より「吉田豪の今週のオピニオン」をここで一部公開中。プロインタビュアー・吉田豪氏が再ブレイク中の俳優・坂上忍にさらに切り込む!

 * * *
「ブスと仕事が嫌い」とあっさりと言い切る坂上忍が再ブレイクしている。『笑っていいとも!』では、お昼の生放送にも関わらず過激な発言を連発。スタジオの空気が悪くなっても、慌ててフォローする関根勤の姿にも、坂上本人は一切動じない。なんという強心臓! 子役としてスタートした芸歴は今年で42年。この“大物感”は芸歴だけではなく、本人の“覚悟”が生んだ賜物だった──。

──最近、『いいとも!』が変わってきてるんですよね。西村賢太さんが昼間から風俗の話をしたりとか、わざと「なんだあれは!」みたいに言われようとしてるんですよ。

坂上:ああ、じゃなきゃ僕が呼ばれるはずもないですよね。でも『いいとも!』もすごくありがたいなと思ったのが、「カジノに行きたくなったら休んでいいですから」って言われて。

──ダハハハハ! そんな自由があるんですか!

坂上:一応。オファーかけていただいたときにそれを言っていただいて、なんて優しい人たちなんだと思って。

──よくわかってる(笑)。

坂上:そうなんですよ。それですごく気楽というか。いつでも休めるわけですから、それはうれしいじゃないですか。

──カジノ優先で(笑)。仕事が好きじゃないのも、ずっと公言してますからね。

坂上:そうなんですよね。それで驚かれたり引かれたりするっていうのがよくわからないですね。厳密にいうと、役者の仕事が嫌いっていうことじゃなくて、ちょっと美しい言い方をすれば、役者の仕事はありがたくていいもんだと思ってるんですけど、働くのが嫌なんです。仕事が嫌いっていうんじゃなくて、働きたくないんですよ。

──それはどういう違いがあるんですか? 好きな仕事をしてるときは働いてる感はないっていうことですか?

坂上:いや、ありますよ。『いいとも!』に出てたって、朝10時15分に行かなきゃいけないっていう時点で嫌ですもん。これが毎週続くってどういうことだろうって。だけど、カジノ行きたくなったら休んでいいっていうことは、カジノに行きたくなればいいわけですから。そうするとスッと気楽になれるというか。基本、勤労意欲に乏しいですね。

──じゃあ、ギャンブル番組とか以外はもうやりたくないというか。

坂上:ギャンブル番組には率先して行きますけど(笑)。

──ギャンブル番組だと仕事という認識は減るんですか?

坂上:それはギャンブラーとして行ってるんで、映ることはどうだっていい。ただ張りに行ってるっていうだけで、番組のことは考えてないんで。たとえば働かないで生活するんだったら、田舎に行って自給自足するかっていうと、それは嫌なんで。

【坂上忍 公演情報】
『SHINOBU’s BRAIN IN THE SOUP HALF2』
作・演出:坂上忍
2012年6月26日(火)~7月8日(日)下北沢「劇」小劇場にて公演。
前売りチケット絶賛発売中。
詳細は『坂上忍オフィシャルブログ』にて。

※メルマガNEWSポストセブン16号



【関連ニュース】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング