朝のフルーツは“女子力アップ” キウイが注目される理由

NEWSポストセブン / 2012年6月4日 16時0分

「朝のフルーツは金、昼のフルーツは銀、夜のフルーツは銅」といわれるくらい、朝食にフルーツを食べるのは、美容にも健康にもいいといわれている。なかでも最近、複数の女性タレントが話題にしているのが、“朝キウイ”。

 タレントブログなどをチェックすると、モデルの高垣麗子(32)は「身体にも美容にもいいこと尽くしのフルーツ」と、朝食のキウイを写真入りで紹介。女優のかとうかずこ(54)もキウイなどのフルーツをヨーグルトに加えた朝食で、テンションアップしている。グラビアアイドルでお天気キャスターの東ユリ(28)は、いちごとともにグリーンキウイを2個という、フルーツ盛りだくさんの朝食にご満悦。ほかにも多くの女性タレントが、朝食にキウイを食べているようだ。

 なぜ、多くのタレントがキウイを選ぶのか? それを知るために、まずキウイの栄養価をチェックしてみたところ、キウイ1個(約100g)に含まれるビタミンCは、69mg。厚生労働省の「日本人の栄養摂取基準(2010年版)」では、成人はビタミンCを1日あたり100mg摂ることが推奨されている。つまり、キウイ1個でその7割近くをクリアできるということ。

 さらに、強力な抗酸化作用をもつビタミンEは、キウイ1個で1.3mg含まれるも摂取できる。ビタミンEは、ビタミンCと一緒に摂ることで、抗酸化力がさらにアップ。女性にうれしい「冷え性の改善」「血行不良からくる頭痛・肩こりを改善」「強い抗酸化作用で、動脈硬化を予防」といった効果も期待できる。

 また成人女性は、1日17g以上の食物繊維を摂ることが推奨されているが(「日本人の栄養摂取基準(2010年版)」より)、平均的な摂取量は約15.2gで、1.8g以上不足している。キウイ1個には、約2.5gの食物繊維が含まれているため、毎朝食べれば、その不足を補うことができるのだ。

 ほかにも、むくみを予防するカリウムや、貧血を予防する葉酸、アンチエイジング効果が期待されるポリフェノールなど、女性に欠かせない栄養成分がたっぷり――そんな情報を見ているうちに、おなかの調子が気になる記者は、食物繊維がより豊富なグリーンキウイを1日2個、食べてみることにした。

 今回選んだのは、近所のスーパーマーケットで販売していたニュージーランド産の「ゼスプリ グリーンキウイ」。朝起きて、キウイを洗い、真ん中から2つに切り分ける。みずみずしく、鮮やかなグリーンがおいしそう! たった30秒で朝食の準備が終わったのも、忙しい朝には嬉しい。

 果肉をそのままスプーンですくって食べると、爽やかな甘みとほどよい酸味が広がり、体がしゃきっと目覚めてきた。普段は朝食を抜きがちなため、「1日2個はちょっと多い?」と思ったものの、食べ始めたら、するっとおなかに収まって、適度な満腹感もある。これまでは、おなかが空いた昼はボリュームたっぷり、なかなか空腹を感じず、夕食が遅くなりがち……というライフスタイルは、自然に改善されてきた。不足しがちな栄養素を朝食で簡単に摂れるため、昼・夜に野菜メニューを必死に考えなくてよくなったのもかなり便利。

「日本人女性の半分は便秘」といわれるとおり、記者も便秘にはずっと悩まされてきた。それが朝キウイを始めて3日後から、お通じが快適に! しかも、毎朝ちゃんと続いている。とくに生理前にはおなかが張り、不快感が続くはずなのに、その時期がきても、きちん、きちんとお通じがある。おなかがすっきりするだけで、生理前特有の憂うつさがかなり軽減された。

 また便秘が解消されたせいか、洗顔のときに肌に触れると、デコボコがなく、つるんとした感触。便秘のときにいつも現れる赤いポツポツもできず、デコルテや背中までなめらかになってきた気がする。朝キウイを始めて2週間、体重と体脂肪に大きな変化はなかったが、便秘が解消されて、おなかまわりは確実にすっきり。パンツのウエストに、かなりゆとりができている。

 実際に試してみると、洗って、切って、スプーンで手軽に食べられ、栄養も摂りやすい“朝キウイ”にハマるモデルや女優が多いのも、“なるほど”な印象。身体の変化もあったけれど、“朝から、美容にいいものを食べている”というのが、「女子力UPしているワタシ」と盛り上がったりして、そんな気分的なところも、なかなかオススメポイントかもしれない。



【関連ニュース】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング